☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

マイホーム購入のきっかけ

私たちは転勤族だった為、マイホームを建てようなんて考えは1ミリも頭にありませんでした。マイホーム購入を意識するきっかけは人それぞれかと思いますが、我が家がマイホームを購入する事となったきっかけをご紹介します。

 

マイホーム購入のきっかけ

住宅手当

当時主人が勤めていた会社は、全国転勤ありの機械メーカー。住宅手当支給は勤続5年目までという決まりがありました。住宅手当が貰えなくなると家賃を全額払わなければなりません。当時の家賃は、新築マンションの7階1LDK、駐車場2台つき7万円。…正直都心と比べると安いもんだと思いますし(23区内のボロアパート1K6万円に住んでましたから)、正社員共働きでしたので、住宅手当が無くなってもこれと言って負担に感じることはありませんでした。しかし同僚達は、地元でもないのに皆持ち家。転勤族なのに一箇所に家を構える事を不思議に思い理由を聞いてみると、家賃と同じ金額で家が買える時代に、借家の家賃を払い続けるのはもったいないと。なるほど、同じ金額払うのであれば、手元に家が残る方が絶対にいい。…とは思いますが…どちらの地元でもない転勤先の土地で、一生住むであろう夢のマイホームを建てるという決断はできませんでした。

新しい家族

漠然といつかマイホームが欲しいなと思い始めていた頃、嬉しい事に家族が増える事となりました。まずは1LDKではなく2LDKに引っ越そうと思い、不動産情報を探すと希望に添える物件がない。あっても高い。引越し代も高い。まるで独身のようにそれぞれの給与を好き勝手使っていた私たちは、もちろん貯蓄などありません。ここで初めて真剣に今後について話し合いました。

転職

 主人は次男ですが、子供が生まれるにあたり転勤族というのはいかがなものだろうかと、実家のある関西へ戻る話が出ました。トントン拍子で転職が決まり、晴れて転勤のない生活に。そしてブログを書き始めた現在に至ります。幸いな事に土地もすぐに見つかり、勤続年数が短くてもローンを組む事ができそうなので、2017年春前には完成予定です。

 

マイホームを意識し始めてからは2年以上経ちましたが、転職後半年程でマイホーム契約に至りました。物事がトントン拍子で進むときって、とても良い時期なんですよ(^^)

 

 私たちのように、結婚や子供の誕生を機に、人生が大きく変わる方も多いのではないでしょうか。私たちがただただ言えることは…貯金しましょう(笑)です。言われなくても普通皆様されてますよね^_^;世帯年収約1000万あったにもかかわらず、我が家はすっからかんで少し後悔しています。まあなんとかなるといえばなんとかなるので(なんとかするが正しいですかね)いいんですけどね、過去は振り返らない事にします。

スポンサーリンク