☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

打ち合わせ 〜見積もり編〜

さて、家づくりで1番気になる全体のコスト。結局のところいくらになるのか、とても気になりますよね。

諸費用

我が家の場合です。35〜40坪くらいの家を建てたいのですが、予算は全て込みで3000万円。全て込みっていうのは本当に全て込みです(笑)土地を除いた家だけにかかる費用って実はたくさんあるんです。

  • 家本体代:最低限住める設備と建物の値段です。大手ハウスメーカーは、坪70〜90万くらいかと。70万として計算すると、35坪×70万=2450万円、消費税×1.08=2646万円…消費税えぐいです( ;´Д`)⇒そもそも最低限の設備で住みたいと思いますか?キッチンやお風呂をアップグレードしませんか?トイレを有名メーカーのものにしたり、収納を増やしたり、バルコニーをつけたり壁にタイルを貼ってみたり、外観のデザインをかっこよくする為に窓を変えたり勝手口つけたり、たりたりたりたり…兎に角アレンジする度にうん十万単位で金額が増えます。
  • 外構代:カーポートやお庭、家の周りの工事や装飾代です。初め見積書には100万円と書いてありましたが…絶対足りないやーつ( ;´Д`)花壇4つで40万だってさー目隠しフェンスつけたら100万だってさーこわいこわいこわいこわい少なく見積もらないでください!笑 目安として家本体代の10%あれば、満足のいくものができるそう。
  • カーテン・ 照明代: 50万…そんなに!?∑(゚Д゚)ここも自分で揃えたり外注するとコストを押さえられます。
  • 火災保険代
  • 設計代
  • ローンの手数料
  • ガスとか水道とか引く工事代
  • 太陽光 約8キロワットで250万くらい
  • 家中のエアコン代
  • 家具代
  • 外壁タイル代
  • 給湯機代

まだまだアルヨ(−_−;)どう考えても3000万円でおさまるとは思えません。

 

最初の見積もり

いろいろアップグレードせずに最初にでてきた見積もりは、M社のほうが400万くらい安かったです。それから平日や週末に各担当者と会って、間取りをあーやこーや修正したり、値段交渉したりランニングコストの説明を受けたり。

SH社の担当者さんは、フットワークがめっちゃ軽くて、平日の夜も打ち合わせに来てくれました。お菓子持ってきてくれたり。THE体育会系という感じのハキハキした営業さんです。うちの主人も体育会系で元営業マンなので、SH社の担当者さんが合う様子。一方M社の担当者さんは、大人しく物腰の柔らか〜い感じの営業マン風ではない方。私はガツガツしているよりもこういう営業スタイルが好きです。が、1発目の間取りは凄く良くて気に入りましたが、それ以降の新しい見積書作成や、確認作業などのひとつひとつのスピードはちと遅め。私達のこと忘れてるのかな?と思うほど。SH社と4回会い、メールで毎日打ち合わせしてる時に、M社とは2回会っただけでした。私も元営業ウーマンですから、スピードって大切だなぁとあらためて思いました。

 

決めた

 話は逸れましたが、契約前の最終見積もりでもM社のほうが300万円安く設備も良かったんです。300万て結構大きいですよね?車変えちゃいます。でも私達はSH社に決めました!

長くなったので理由はまた次回*(^o^)/*

スポンサーリンク