☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

値引き交渉

これからマイホームを購入する予定の方に、我々がこうしたらよかったな〜と思う事をお伝えします。

大前提

やさぐれと旦那君は、むっちゃめんどくさがりです。交渉とかかけひきとか嫌です。まじめんどくさい( ̄ー ̄)お金があれば言い値で買いたいくらいです。でも、お金ないですから仕方がなくやってみました値引き交渉。しかしちょいちょいこのめんどくさがりが悪い感じに出てしまい、もうちょいいけたかなーってとこで契約しちゃいました。

その後しばらく新築ブルー…マリッジブルーとかマタニティブルーのたぐいらしいです。もっと値引きしてもらえたんじゃないか、他所様より高い値段で買ってしまったんじゃないか、ってぐるぐるぐるぐる考えちゃうんです。人間てそんなもんです(笑)ま、契約後にそんな事を考えても意味がないので、みなさん当たり前ですが、しっかりと納得してから契約してください!少しでもん?おや?と思っている時は、急かされても契約しないでください!決算月だからとか今契約してくれたら割引きますとか、なんだかんだ理由をつけて急かされますよ〜。

もう一回家を建てられるなら、次は絶対うまく値引き交渉できる!!もしかしたらみなさん契約後にそう思ってるかもしれないですね( ̄▽ ̄)

 

見積もり合戦の基本的な流れ

  • 間取図と値段を見せられる↓
  • 気に入らない間取りを変える⇅
  • 新しい間取図と値段を見せられる⇅
  • 予算オーバー:なんとかならないか相談する  (他社はもっと条件いいですとか言いながら)↓
  • 納得できるものができたら契約

「契約後でもいろいろと変更できるから大丈夫ですよ〜」と言われるケースが多いですが、間取り変えると金額も変わりますから要注意です。

 

値引き交渉虎の巻♡

※交渉に失敗しても一切責任は負いません。笑

★初めに言っておきますが、ネット!あまり見ないほうがいいですよ!(笑)やさぐれみたいに、口コミとか過去の見積もりを検索しまくっても、ほぼ参考にならないのでやめたほうがいいです。ほんの数年前でも資材の値段が今より全然安かったんですよ。だから自分達と同じ坪数でも、やたらと安い見積もりが出てきたりして迷子になります。実際のところ、ネットの情報なんて本当か嘘か分かりませんから。そして他の人の見積もりなんて、間取りや付帯されてる設備が分からないから、自分のところと比較のしようがありません。その為に同じ条件で3社から見積もりを取るんです。ここで出てきた金額が今この時の適正価格ですよ。

 

  • 予算は少なく伝えるべし!⇒2〜300万円くらい少なく伝えればいいと思います。MAXローン組まされちゃうゾ☆当たり前ですが、この人達お金持ってるって分かったら値下げ頑張ってくれません。余ったお金でいいソファーとか買いたいです。ちなみに我が家は相場が分かってなくて、土地込みで4000万です!とか言ってました。(土地2000万なのに。絶対無理。恥ずかしい。)担当者さんもよく相手にしてくれたと思います^_^;
  • 予算の事は考えず、希望は全て伝えるべし!⇒予算の調整は営業マンがやってくれます!予算オーバーしたからって、絶対こっちから坪数減らしたらどうですか〜とか、いらない設備削ったら安くなりますか〜とか言わないこと。やさぐれは、なかなか値下げしない営業マンに痺れを切らし言ってしまいました。言わなければ今頃電動シャッターや電動キーがついてたかもしれません。これは本当に最後の手段なので、見積もり合戦が終盤に差し掛かってからにしましょう。むしろ設備は契約してから削ってもいいと思います。
  • ライバル他社と競わせるべし!⇒他の人のブログにも書いてありましたが、SH社はH社をライバル視しているらしい。確かにそんな感じの発言があったような…
  • 他社の見積もりはオーバーに伝えるべし!⇒他社の見積もりは興味がないふりをしつつ探ってきます(笑)。他社の条件や料金なんて絶対分かりませんから、多少オーバーに伝えてもきっと大丈夫。嘘も方便ていいますし☆頑張ってくれるんじゃないかな?と思います。我が家はバカ正直に本当の事を伝えました。こんな事を言っておいてアレですが、嘘付けないんです^_^;

あ、キッチンはどこのメーカーの何が含まれているのか、外構はどこまでやってもらえるのか、他にも細かい設備を確認しておいたほうがいいですよ☆面倒な方は、せめて水回りだけでも確認してください。(水回りってグレードの違いで結構な差額が出ます)

  • 着地を夫婦で決めておくべし!⇒ただただ毎回安くしろ安くしろと言い続けても、担当者さんやる気なくなっちゃいますよね?みたいな意見をネットで見たけど、契約取りたいから担当者さんは絶対逃げません。最終的にこの金額・条件なら契約するという着地点を決めておきましょう。
  • 駄目押しの一撃と必殺今日契約します!⇒希望に近いところまで見積もりが来たら最後に使います。担当者さんがもう無理ですって言ってもまだいけます!(笑)自分達の思ってる着地点より少しオーバーに伝えましょう。〇〇〇〇円にしてくれたら、もしくは〇〇をつけてくれたら今日契約します!と。今日契約するの一言で営業さん頑張ってくれると思います。上司に相談してくれると思います。契約をチラつかせても頑張ってくれなかったら、もう本当に限界なんだと諦めましょう。

まとめ

営業マンは言葉巧みに、どこかを取るとどこかを諦めなきゃいけないんです〜と言ってきます。例)予算を優先すると家が狭くなるなど。でも、一生住む家ですよ?妥協した家に住みたいですか?そんなの嫌ですよね!こっちは何千万の買い物をするんです!強気でいきましょう*(^o^)/*

長くなりましたがこんな感じかな?また何か思い出したらその時に載せます☆みなさん、めんどくさいし体力いるけど頑張ってください*(^o^)/*

スポンサーリンク