☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

注意!図面だけでは分からない!

ブログのデザインを変える事にはまってます(しかも全てスマホでやってます)やさぐれです(^^)キャシーたんがやたらとリモコンを触りたがるので、赤ちゃん用のおもちゃのリモコンを買ってあげたら興味を示しません…なんでや。

前回の記事でも少し書きましたが、気づかなければ危うく後悔する事になりそうだったお話の詳細です。
www.yasagure17.com

間取りが変わった時に要注意!

我が家は、36坪程度の3LDKを予定しております。お風呂を広くしたい、リビングを広くしたい、収納がもっと欲しいなど、間取りを何度も変更しているうちに、段々と広さが足りなくなって、にっちもさっちもいかない状態に( ;´Д`)そんな時、突然「えー!?これめっちゃいい!!」と満足の行く間取りを提案されたのです。当然今までどうにもならなかったのに何で?と疑問に思いました。

階段のかたち

最初にいただいた間取では、U字型の階段が採用されていました。その後、どうにもこうにもならなくなって、困り果てていた後にできあがった奇跡の間取りではL字型に。私たちは家づくり初心者なので、図面で見ても形以外に何が変わったのかよく分かりませんでした。質問をするととっても丁寧に教えてくれるんですけどね、言葉だけだとちょっと難しい…階段なんてそんなによく見た事ないしイメージわきませーん(>_<)

勾配についての説明

そもそも何故急にこんな素敵な間取りができたのか聞いてみると、「階段を少し変更しました(^^)」と。「少し急な勾配にはなっていますが、私は問題があるとは思わない程度なので大丈夫ですよ(^^)」と。少し急と言われても、元の勾配も分からないのでやっぱり想像できません。心配に思う気持ちもありましたが、希望通りの間取りが出来上がった事に浮かれる気持ちが勝ちました*\(^o^)/*それに、まさか家づくりのプロが、こんなに打ち合わせしてきて私達の希望を理解している担当者さんが、私達に合わない提案をしてくる訳がないだろう!と勝手に思っていたので、そのまま契約したのです^_^;

段々不安に

「いやー希望通りの間取りになって良かったねー(^^)」と浮かれるお気楽夫婦。家に帰ってからも奇跡の間取り図をニコニコしながら眺め、今後の生活を想像しながら「あんな事やこんな事ができるねーうふふー♪( ´▽`)」と話していました。そんな時に旦那くんが突然無言になり、「…階段気になるわ」。おいおい、大丈夫だって!だって担当者さんは、私達の事ちゃんと分かったうえで提案してくれ…そんな事言われたら気になる気がするーーーー( ;´Д`)!!!思い返すと、「とらえ方は人それぞれですが、私は問題があるとは思わない程度」みたいな言い方だったな。段々不安になってきたので担当者さんにメールしました。

このままではいけない

担当者さんに「やっぱり不安ですぅ(>_<)」とメールで相談したところ、すぐに階段の一段あたりの高さ、幅などを送ってきてくれました。「一段あたりの高さは、218ミリ。以前の階段より16ミリ高く、踏面(足を乗せる部分)は188ミリです。」…あー以前の階段より16ミリ高いのねーなるほどなるほど了解でーす☆*\(^o^)/*とはなりません( ̄ー ̄)笑。我が家は2階なので、旦那くんが外の階段を計りに行くと、今住んでいる家の外階段よりも急でした。

実物を見に行ってきた

「今住んでいる家よりも急だし不安ですぅ(>_<)」と数回相談したところ、やっと階段についてだいぶ気にしている事を理解してもらえたのか、実際に同じ勾配の階段を採用しているおうちを見に行かせてくれました。結論から申し上げますと、この階段は採用できません。感じ方は人それぞれですし、階段なんかにスペース取りたくないやい!って方もいると思います。そのような考え方のおうちにはぴったりだと思いますが、我が家は小さい子供がいますし、これから家族も増えていく予定です。赤ちゃんを抱っこしたまま毎日上り下りする事を考えると、この勾配はナシです。万が一子供が転がり落ちても、途中に踊り場があったほうが安心ですし(>_<)

まとめ

階段の話オンリーかよと思った方すみません。階段以外のところでも同じ事が起きる可能性があります。私がお伝えしたかったのは、図面だけでは分からないですよーという事。我が家の担当者さんは超ベテランなので、この後の打ち合わせのどこかで、階段の確認もしてくれたのかもしれません。でももしそこで「間取り気に入ってるし時間も無いので見なくていいです!」と私達が言っていたら…。なかなか納得のいく間取りが完成しないかもしれませんが、時間を惜しまずとことん話し合ってください。

最後に

納得の行かない階段をその後どうしたの?と気にしてくださっている方もいるかなーと思ったので書いておきます。玄関の位置と階段の位置を変えたところ、無駄なスペースが減って階段を元の形に戻す事ができました(^^)完成した階段を上り下りする度に、このエピソードを思い出すのかなぁ…出さないだろうなぁ。完。



マイホーム、家事・育児、
産後ダイエットについて主に書いていきます(^^)

スポンサーリンク