☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

アイランド型キッチンをやめたわけ

こんにちは☆やさぐれです(^^)マイホームを購入すると決めた時から、キッチンの形はアイランド型と決めていました。そんな私がアイランド型をやめたわけをご紹介します。

アイランド型キッチンとは

名前の通り、リビングに島のように設置されているキッチンの事です。どの面も壁に接していません。今まで住んできた家々のキッチンは、2列型・背面式のI型・対面式のI型です。どの形にもそれぞれ良さがありましたが、なんてったってアイランドキッチンはカッコいい!もうただそれだけの理由でアイランドキッチンにするんだと心に決めておりました。

デメリット

価格

主人の実家は、アイランドキッチンです。しかもキッチン本体だけで400万超えのフルオーダー。そう、まずアイランドキッチンは高いのです!我が家がとった見積もりでは、安いもので約100万、高いもので約200万でした。(まだ3社しか見ていませんので、もっと高いキッチンもあると思います)

高額となる理由の1つに、レンジフードの設置費用があります。アイランドキッチンの上にそのままレンジフードを設置したら、高さが合いません。その為に天井を下げ、ダクトを天井の中に通します。改善策として、アイランドキッチンのコンロ側の側面にだけ壁を設置する案もありましたが、せっかくの開放感が台無しになる為、採用しませんでした。

あとは純粋にキッチン自体が大きくなる為、価格も上がります。

油はね

主人の実家で食事をとる事がよくあります。その都度使い勝手を聞いているのですが、悪くはないそうです。ただ油がはねるから床がベトベトになるのと、キッチン横の壁に飾ってある写真達がベトベトになるのが嫌だとよく言っています。確かにお義母様は毎日床を水拭きしていますね〜かなりの綺麗好きですし。それでも毎日毎日床をゴシゴシするのは大変なようです。

IHとガスコンロ

義実家では、ガスコンロを利用しています。やさぐれ宅もガスコンロになります。油は煙となって部屋中に広がるんですよね。前面や側面に壁があると、その壁を伝っていい感じに吸い込まれていくのですが、壁のないアイランドキッチンでは、壁有りよりも油が広がってしまいます。強力なレンジフードにしないと大変な事に…なるかは分からないけど、20年後リビングの壁が油色に!ガビーン∑(゚Д゚)みたいな事は避けたいです。

IHのほうが油はねしないと言いますが、実際のところ大差ないと思います。ガスの場合は、煙が上昇気流にのってレンジフードまでいきます。コンロ周りの壁を掃除してると分かりますが、レンジフード近くの結構高い位置にも油がついています。IHは上昇気流がガスより少ないので、煙が前後左右にふわ〜っと広がります。そしてキッチンの上や床にぺたーっと落ちます。こう考えると、キッチンや床が汚れる事に変わりはないのですが、ガスコンロの時は壁に着くはずだった分が遠くまで行ってしまう可能性がありますね。

コンロの前に壁

油が広がってリビング中がベトベトになったら嫌だなぁと、コンロの前に壁をつけるか悩みました。でもせっかくのアイランドキッチンなのに、壁を設置したら意味なくない?(;_;)そんな時、ガラス貼りのキッチンを発見!!コンロからフードまでをガラス貼りにしたらどうだろう?…ガラスを綺麗に保てる自信がない(;_;)ガラスを常にピカピカの状態にするって、難しいですよね。一度ガラスを設置して取り外せなくなるのなら、何もなくていいや( ̄▽ ̄)

壁の代わり

よくよく調べてみると、三口のコンロの手前側を使えば、そこまで油はねしないらしいんですよ。それにアイランドって奥行きがあるので、飛んでもリビングまでは行かないと。(油は20メートル飛びますみたいな意見もありますけど)それでも心配なやさぐれ、採用したいなーと思った方法が2つあります。

1つは、市販の油はねガードを使う。コの字型のアルミホイルっぽい素材のとかなんやらいろいろあります。こいつを使えば、普段しまってあるので見た目がスッキリです*(^o^)/*汚れたら買い換えられるし。

2つ目は、カーテンをつける。レンジフードにマグネットでカーテンをつけるんです。そうすればカーテンを洗うだけでいい*(^o^)/*(燃えたら危険なのでその辺は気をつけなきゃいかんです!)

こんな感じでまあ油問題は、なんとかなりそうかなと( ̄▽ ̄)散々悩んだんですけどね、油はねをなくすなんて不可能です。それが嫌なら完全に独立したキッチンにするか、油がはねそうな調理をしないかのどちらかしかないと思うんです。そう思いません?

その他

他にもデメリットありましたよ。

  • リビングににおいが充満する→どんなキッチンでもあんまり変わらない気がするんですけど、そこまで変わりますか?
  • 場所を取る(キッチンの周りをぐるぐる回れるだけのスペースと、大きなキッチンを置くだけのスペースが必要)→我が家のLDKはそこまで狭くないので問題なし。
  • 子供が自由に出入りできてしまう→出入りって表現で合ってるのかな?火を使ってる時とか危ないけど、危ないって事が分からない時期なんて一時のことだし、これはどうしようもないですね。
  • 常に丸見えなのでぐちゃぐちゃにできない→綺麗にしておけばいいだけです( ̄ー ̄)というか、普段家族しかいないんだから1日の終わりに綺麗になってれば良くない?ん?ダメ?笑

ペニンシュラ型

ここで登場しますペニンシュラキッチン。ペニンシュラとは、半島という意味。こちらも読んで字のごとく片方だけ壁についている状態のキッチンです。(アイランドキッチンを壁に押し付けた感じ)何を隠そう私はこのキッチンにします( ̄▽ ̄)

油はね

側面が壁付けになっている為、アイランドキッチンよりは油が飛びません。前面は先ほどご紹介した油はねガードかカーテンでカバーです( ̄▽ ̄)

開放感

キッチン周りを一周する事はできなくなりましたが、前面がオープンな事に変わりないので、開放感は失われませんでした( ̄▽ ̄)また、子供が入ってこない工夫もしやすくなりました。

まとめ

キッチンの形と素材についてはとーっても悩みました。せっかくの新居ですから、キッチンもお洒落に仕上げたいです*(^o^)/*キッチンの使い方は人それぞれなので、キッチンの形も人それぞれだと思います。自分に合ったキッチンが見つかるといいですねー(^^)

追記2017.07.25:ペニンシュラキッチンを実際に使ってみての感想をアップしました↓ 

www.yasagure17.com

ちなみに、人大にするー!!!と意気込んでいたのに、ステンレスもいいなと思い始めているやさぐれであった。

スポンサーリンク