☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

モモンガ期

こんにちは☆やさぐれです(^^)旦那くんは、帰宅時に必ずインターホンを鳴らします。カギは邪魔だと言う事で持っていかないのです。朝は玄関で行ってらっしゃいをして、夜は「合言葉ヲイエ」とか、「どぅおーぬぁーとぅあー?(クジラ語でどなた?)」とか、「ワシはキライじゃ」とか変な言葉でインターホン越しにお出迎えしてます。旦那くんを笑わせる事が目標なんですけどね、最近ネタ切れ。何か面白い言葉があればアイディアくださいm(__)m

 モモンガ期

勝手に命名しました。というのも生後9ヶ月半のキャシーたんは、最近つかまり立ちの姿勢から両手を離し、満面の笑みでモモンガのようにダイブしてきます。そして何が楽しいのか分かりませんが爆笑してます(笑)これがむっちゃ可愛い( ̄▽ ̄)子供の笑い声ってなんでこんなに可愛いんですかね?もっと笑わせたくてしょうがないのに、笑わせようとすると笑ってくれないんですよね〜。

きっと短いモモンガ期、布団にダイブ、私の体にダイブ、この姿をしかと目に焼き付けておこうと思います。しかし私が受け止めないなんて考えは頭にないんでしょうかね( ̄Д ̄)ノ

そろそろ歩く

初めてつかまり立ちをしてから約2ヶ月、両手を離した状態で1分程立てるようになりました。離乳食をあげてる最中もイスの上で立ち上がって自慢気な笑みを浮かべます。そして楽しくなってご飯ブーッ!…( ̄ー ̄)ヤメロ

更に立ってから一歩前に進んだので、そろそろ歩きだしそうです。やさぐれも10ヶ月頃から歩いていたそうなので、遺伝かしら。

脚の成長

大声でンマーンマーンマんマンマンマン!と言う事が増えました。ご飯の事をマンマとは教えてないので、パとかマとか唇を一度付けてから出す音は、発声練習をすると勝手に出る音なんでしょうね。だから外国ではパパ・ママなのかな。アンパンマンも子供が言いやすいぴったりな名前だな。とかどうでもいいことを考えるのが好きです。話が逸れました。

子供の頃から膝に負荷をかけると、脚の成長を妨げると言うじゃないですか。かの有名な道端三姉妹も、兎に角脚に負荷をかけない生活をしてきたとよく言ってますし。だからあまり早くから歩き出すと、O脚や短足になるのではないかと心配です…( ;´Д`)ホンマニシンパイ

外国人のようなスラリとした真っ直ぐな長い脚に憧れますが、農耕民族の日本人の脚はやっぱりO脚が多いです。正座をしていたせいもありますね。また、日本人はお肉よりも野菜を中心に食べていたから、消化器官が長くなって胴長に、みたいな話もありますね。それでも平成の子たちは昭和世代よりもスラッと長い綺麗な脚になり、背も高くなっているような気がします。まだ進化が続いているなんて凄いなぁ( ̄Д ̄)ノ

もう立つことは止められないし、歩くのも止められないと思うので、なるべく脚に必要以上の負荷がかからないよう見守っていきたいと思います。

スポンサーリンク