☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

カッチーン

こんにちは☆やさぐれです(^^)今日は、家づくりも絡んだちょっとした愚痴です(笑)うちの旦那くんめっちゃ変わってると思うんだけど、やさぐれがおかしいのでしょうか?

 無駄をはぶき過ぎる

うちの旦那くんは、とにかく無駄なことが嫌い。買い物をする時は”どこのブランドの何を買いに行く”と事前に決めて一直線。他のものには目もくれません。一方やさぐれは、だいたいのイメージを決めてフラーっといろんなお店に入り、結局買う予定の無いものを買って帰ります。

他のものに目を向けると素敵な出会いがあるかもしれない、新しい世界が広がるかもしれないと思うのですが、旦那くんに言わせると無駄だそう。私が効率よく家事をしていないと、いてもたってもいられずに手と口を出してくれます。そう、彼はとにかく効率良く動かないと気が済まないのです。ま、ここは代わりにやってもらえるからラッキーかな?(笑)

雑談がしたい

そこで昨日の会話です。以下旦那くんは”だ”、やさぐれは”や”。

だ「床はダークブラウンで行こう♪」

や「うん(^^)じゃあソファはやっぱりアイボリーだね♪カッシーナ買っちゃう?( ̄▽ ̄)」

だ「買わへんわ!笑」

や「ダイニングテーブル何色にしよっか〜?(^^)」

だ「…今その話いる?」

や「え?だから床に合わせるダイニングテーブルの色決めなきゃじゃーん(^^)」

だ「…だからその話今する?」

 

…え?

 

今まで楽しく話してたのに、いきなりぃぃいいい!?∑(゚Д゚)旦那くん曰く、キッチンの色も決まってないのにダイニングテーブルの色の話をするのはおかしいんだそう。そう?そうかなぁ?( ;´Д`)そしてお得意の説教がはじまります。

だ「あのさぁ〜思いついた事片っ端から言ってるけど、もっとまとめてから話しなよ。キッチンの色決まったの?決まってないでしょ?決まってないのにダイニングテーブルの色決めるの?順番逆じゃない?それにさ〜ほにゃほにゃ〜ほにゃほにゃ〜(もう耳をふさいだ)」

 私は楽しく「こんな色のテーブルや、こんな色のテーブルもありだよね〜?*(^o^)/*」キャッキャキャッキャをしたかっただけなのに。

確かに床はダークブラウンて決まってるのに、大理石の床の画像を見せて「ねーねー大理石のリビングも良くな〜い?*(^o^)/*」とか言います。突然「リビングに梁とかファンもいいよね〜*(^o^)/*」とか言います。「おーこんなんもええなぁ〜」って言ってくれたらいいんですよ。別にこれにしたいから相談してるんじゃなくて、色合いや雰囲気が素敵だと思ったから共有したいだけ。こんなパターンもあるんだよーってのを伝えたいだけ。察しの良い方は分かりますね。はい、むっちゃ冷たい反応です。

だ「は?床ダークブラウンに決まったんじゃないの?大理石にすんの?梁とかファンつけたら埃たまるの分かってる?誰が掃除すんの?あんたすんの?しないでしょ?もっとよく考えてから喋って。」

 

 

 そういう事ではない。私が求めてるのはそういう反応ではない。君と私は上司とアホ部下ではなぁぁぁぁああい( ̄Д ̄)ノ仕事で無駄をはぶくのは分かりますよ〜これが仕事で、私がインテリアコーディネーター、旦那くんが頭の固い上司だったらこんな感じで伝えると思います。

「床の色はダークブラウン、キッチンの色は◯色と仮定して、私はこんな色のダイニングテーブルが合うかなと思うんですけどどう思いますか?」

いきなり何色がいいですか?じゃなくて自分の意見入れてお伺いをたてるね。ま、旦那くんの反応はこうだろうね。

「仮定?確定してから相談して。時間の無駄。」

 

 

こんな上司、イヤだ( ̄ー ̄) ま、あげだしたらキリがないんですけどね、私は普段からこんな事を考えて無駄なく会話をしなければいけないんですか?ムリムリ*(^o^)/*こんな会話のすれ違いは日常茶飯事です。もしもとつく話はしたくないんだそうです。男性ってこんな感じなのかな?私がくだらないお喋りしすぎですか?私はどうしたら楽しく雑談できるのかな?できないかな?ん?一生こんな感じかな?という愚痴(笑)

まだあった。思い出した。

ラグ!

や「ラグ何色にする〜?*\(^o^)/*」←またこの調子。学習してない(笑)

だ「敷かないよ。」

や「え?やっぱり床がダークブラウンだから、明るめのラグ敷かないと暗くなっちゃうよ〜(>_<)」

だ「敷きません。」

あっそう。フン( ̄ー ̄)

(ちなみに理由は不衛生だからだそう)

スポンサーリンク