☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

やたらと急かしてくる理由

こんにちは☆やさぐれです(^^)愚痴っていいですか?ちょっと怒ってます。<契約後、担当者の態度が豹変する>みたいな話をよく聞きます。うちの担当者さんはそんな事ないと思っていたし、本人も「契約後に変わったと思われないよう頑張ります」みたいな事を言っていたけど、ちょいちょいおや?それダメでしょと思うことがあります。

 きっかけ

先日、「水道工事を別業者に依頼すると、完成が1ヶ月くらい早まりますよ!その代わり、水道工事代約70万円は、直接業者にお支払いいただかないといけないんですけどね。元々11月完成を希望されてたので、早ければ早いほうがいいですよね♪」と提案されました。その時は「早く完成するの嬉しいなぁ♪早く建てたい私たちの事を考えて、そんなイレギュラーな提案までしてくれるんだぁ(^^)忙しいのにさすがだなぁ♪」としか思いませんでした。

ある程度の立場

うちの担当者さんは、基本的に紹介案件しか担当しないようなある程度の立場にある人なんです。本人も言ってたけど、部下が持ってきた見積書とか提案内容をチェックする立場の人です。新人さんではないので、こちらも、安心してお任せしています。

ただ初めから気付いてたんですけど、なんかムッとしてる時って、一瞬止まってムッが顔に出るんですわ。まぁ人間だからそんな時もあるだろうと思います。でもね、こちらは素人なのでムッとせずにくだらない質問や要望も聞いてほしいです^_^;

完成見学会に行った時、「自分の部下の担当案件だったら、あんなところにガラリをつけさせない」と言ってました。どう思います?もうこの家住む人決まってるんですよ。私たち社内の人間じゃないんです。主人と帰ってから「今日のあれは無かったね、客に言う事じゃないよね」と苦笑いでした。

電子キーについて質問をした時も、なんかあやふやな答え方をされたんです。どんな商品なのか細かくは把握していない様子です。分からないなら「確認します」でいいと思うんですけどね、あーこの人こういう対応の仕方するんだ、と思いました。(ちゃんと確認してくれる時もありますけどね)

会社が優先ですか?

ZEHって一旦受付終了していて、最近やっと継続が決まったんです。このZEHを申請すると125万円の補助金がおりるんです。「我が社の快適エアリーをもってすれば、難しいZEHの申請も通ります」てきな事を1番最初の打ち合わせで仰っていたので、我が家はそのつもりでずっと話を進めてます。

契約後

ZEHの申請ができない事を知らされました。もちろんえ?って思いましたけど、それらしい説明を受けて一旦納得。その時の説明はこんな感じ→「〇〇月までに完成していないと補助が受けられない。ハイムなら本来工期が早いのだけど、今回は土地の建設許可待ちなので間に合わないと思う。だけど大丈夫!他社なんてもっと工期が長いから、普通今契約した人は間に合わないです。」

その時は、間に合わないならしょうがないねぇくらいにしか思ってなかったんですけど、これって土地の許可がおりてるかおりてないかちゃんと調べていれば、事前に分かった事だと思うんですよね。まぁいいか。

ZEHが延長になりそう

ZEHの受付って1回打ち切りになってしまったんです。でも復活しそう、このまま延長になりそう、そんな話を聞いていたので、窓を変えたり勝手口を選んだり、間取りを変えたりする時に「ZEH申請に問題ないですよね?」って聞いてます。受付が終了になっていた期間も「ZEHどんな感じですか?延長なりそうですよね」って聞いてます。聞くたびに確認してしてくれて、「多分延長になりそうです」と報告受けてます。(毎回こちらから聞かないと何もないんですけどね。)

なんか変?

延長になりそうなのに、積極的に案内をしてこないので少し変だな?とは思っていました。でも忙しいだろうし、まだ本決まりじゃないから決まったら案内があるだろう、まぁプロだし、ちゃんと考えてくれているだろうでここまで来たんです。そんな時に受けたのが最初にお話しした水道工事の提案です。

聞いてません

「早く完成するのは嬉しいけど、現金で70万円必要になるのは予定になかったし、当初の予定通りでいいです。たった1ヶ月だし。」とお断りしました。そうしたら粘るんです。「セキスイハイムを通しての支払いにできるか確認します」と。やっぱりなんか変だなと思いました。現金で払わなくてもいけそうなら、最初からそうしてよとも思いましたね( ̄ー ̄)

なんか変だなぁ〜って気持ちが消えないので、「ZEHに影響ないならいいですよ。ところでZEHどうですか?」と連絡をしたら「延長決まりました。だけど、ZEHを申請すると完成が4か5月頃にずれ込んじゃいますよ。」という回答。やめたほうがいいですよ〜というマイナスな雰囲気がプンプン伝わってきます。「ZEH決まりました!完成遅れちゃうけどこれで申請できますね!」じゃないんです。ここで気づきましたあ、めんどくさいんだなと。

それ言う?

家完成するの遅くなるから125万円いらないや〜( ̄Д ̄)ノってなります?どこの金持ちやねん!ならへんわ!恐らく担当者さんはこうなる可能性があると思ってたんだろうな。

125万円も戻ってくるんだから、1・2ヶ月完成が遅れたって何の問題もないです。と、その事を伝えたらついに出ました。「決算ありきでの割引なので、決算をまたげないんです(困ります)」私は直接聞いてないんですけどね、旦那くんから報告を受けてはぁ?ってなりました。

まず決算ありきでの割引なんて聞いてないですし、客に会社の決算の話を出してくるのかと。って言うかZEHさせない為に、私たちの事を思ってる風に装って、完成を早めよう早めようとあれこれやってたのかと。なんか一気に不信感が湧いてきました。私たちは急いでいないのに、125万円の補助金を諦めないといけないんでしょうか?

結論

やたらと急かしてくる理由は、ZEHを申請させない為ですね。さらに、ZEHを申請させたくない理由は、決算に間に合わなくなるからと面倒くさいからだと思います。

今まで凄く信頼してたからショックが大きいです。成績の良い営業マンが必ずしも良い営業マンとは限らないのは分かってます。前の会社にもいましたそういう人。(一人一人にそこまで時間使えないしね。会社にとっては良い営業マンだけど、お客さんにとっては…)

商売だからね、会社の言う事も大事ですけど、お客さんありきの商売じゃないですか。お客様は神様だとは言わないけど、もう少し私たちの気持ちも考えて欲しいなぁ。これだけZEHについて気にかけてるんだから、私たちが申請したがってるっていうのは分かっているはずです。それなのに無視して完成を早めようとしてるんだから、そういうことですよね。125万円は、私たちにとっては大金です。 

スポンサーリンク