☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

エコカラットと固定資産税

こんにちは、やさぐれです(^^)先日エコカラットを付けると固定資産税があがるよ〜という親切なコメントをいただきました。勿論知りませんでした^_^;という事で調べてみました。

固定資産税の査定対象

やさぐれが調べた結果、固定資産税の査定対象は、標準設備の以外の贅沢品という事が分かりました。実際の基準は発表されておらず、また各自治体によっても多少異なるそうです。

贅沢品

  • エコカラット→壁紙全体の面積に対して1%を超えた場合。
  • クロス→凸凹が過ぎる場合。
  • キッチン→2.5m以上の場合。
  • トイレ→ワンフロアに1つ以上ある場合。
  • トイレ→手洗いが別な場合。
  • ソーラーパネル→屋根の上に乗せるんじゃなくて、屋根自体がソーラーパネルの場合。
  • 物置→地面に固定されてる場合。

などなど、ネットから拾ってきましたが条件はたくさんありました。

実際のところ

家の内部の部材は、税率にはほとんど影響ないそう。そして木造と軽量鉄骨も、それほど税率に差がないそう。税率に関係するのは、構造(木造、軽量鉄骨、重量鉄骨)と、延床面積だそうです。ぜ〜んぶ「だそう」とつけているのは、固定資産税の評価の詳細が実際には発表されていないからです。全て現況調査に来た査定さんが教えてくれたよ〜というしっかりとしたソースのない話なのでこんな感じに書いてます。

 固定資産税は、だいたい資産価値の2/3が評価額となり、その評価額の1.4%となります。[エコカラットで上がった値段] × 2/3 × 0.014、10万円のエコカラットをつけていたら、年間933円程度が加算されます。確かにほとんど影響無いといえば無いのかな?

我が家にも現況調査が来たら、またその時にいろいろ聞いてみます(^^)

スポンサーリンク