☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

老後の資金計画

こんにちは☆やさぐれです(^^)住宅ローンを借りるにあたり、今後の生活が少し不安になる事ってありませんか?そこで、平穏な老後ライフをおくる為の資金について考えてみました。

何年分のお金が必要か

旦那くんの会社は65歳で定年となります。90歳まで生きると仮定して、25年分の生活費が必要となります。

生活費

ネットで見ていると、老後の月々の生活費の平均は27万円だそう。…何にそんなにお金を使うのでしょうか?保険の支払いは終わっているし、住宅ローンも完済しているし。病院代とか?

  • 電気代 1万(太陽光は壊れているとする)
  • ガス代 1万
  • 水道代 1万
  • 食費 5万(舌が肥えてもっとかかるかな?)
  • 交際費 5万(孫たちにお菓子とか?)
  • 携帯代 2万
  • 雑費 1万
  • 固定電話やPC 0.5万
  • ガソリン 1万
  • 車検や自動車税 1万
  • 固定資産税 1万

合計 19.5万円也。やっぱり27万円にはならないですが、家の修繕費などが急遽必要になって、ローンを組み直したりするのでしょうか??

25年で計算

月の生活費が19.5万円の場合は、25年で5850万円必要となります。月の生活費が27万円の場合は、25年で8100万円必要となります。備えあればなんとやらで8100万円のほうで考えてみます。

厚生年金

8100万円全額用意しなければいけないとは限りません。うちは厚生年金に加入しているので、65歳から老齢年金を受け取る事ができます。妻が結婚を機に専業主婦になった場合でも、夫婦で月25万円前後受給できるようです。

25年間で7500万円となるので、後600万円自分で用意しておけば8100万円用意する事が可能です。

意外と少ない

あれ?全然貯金しなくて大丈夫じゃないか( ̄Д ̄)ノ計算が本当に合っているのか不安になってきました。ただし、年金の受け取りが70歳からになったり、受給額が減ったり、酷いと年金が全く貰えなくなったり、医療費がたくさんかかったり、予期せぬ出来事が起きる可能性があるので、たくさん貯蓄があるほうが良いですね。我が家は私のほうがだいぶ若いのでもう1000万くらい余分に用意したいところです。

 ましてや長生きの時代に突入していますから、100歳まで生きる可能性もあります。定年後35年かぁ…1億以上必要だなぁ( ̄ー ̄)これで年金も貰えないってなったらもう生きられないなぁ。

 

ま、老後のほうはなんとかなりそうです。次回は、住宅のメンテナンス費用がどのくらいかかるのか考えてみます。

スポンサーリンク