☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

入院3日目

夜中の3時過ぎまで全然眠れなかったけど(くも漫とか読みだしちゃって)、朝食バイキングが食べたくて7時起床(笑)食べてから寝ようと思ったけど、結局眠れずにお昼頃父と合流しました。

面会2日目

14時に面会に行ったんだけど、なかなか呼ばれず14時半になった。こういうの不安になる。そしたら父が「前の人達で混んでるのかもね。」と。1組30分だもんね。なるほど〜。

 

そしてすぐに叔母と祖母が到着して、結局一緒にICUに入った。弟は仕事の為、夜だけ面会に来るらしい。

え!?動いた!!

今日は入った瞬間から劇的に違った。昨日より顔色がいいし、むくみが引いてる。呼びかけたら腕がビクン!と動いたり、顎をもぞもぞ動かしたり、足をツンてするとピクッと動いたり、大あくびを2回もしてた!!痰を吸われる時は、眉間に皺を寄せてすっっっっごい嫌そうな顔をしてる( ゚д゚)眠らせる薬が切れたんだ!!全員がびっくりしたし、テンション上がった!何か反応してる気がする!今にも目を開けそうな気がする!父はずっと「マーマ!起きて!起きる時間だよ!」「起きて!起きて!(^^)仕事だよ!」とか言ってた(笑)仕事だよって言ったら脈拍とか血圧測ってる機械がピピピって鳴ったりして(多分嫌がってる)、何かしら反応してるような感じがした。

 

なんだろう。意識があるのかも分からないし、ただの反射なのかもしれない。全部たまたまなのかもしれないけど、表情が変わったりあくびをした事だけでも凄く嬉しかった。

先生の話

その後すぐ先生が来て、説明をしてくれた。

  1. 頭の中の血が抜けて、ダメージの箇所がハッキリ見えてきた。前頭葉の真ん中が黒くなっており、グレードはやはり4の中でも1番重傷。意識が戻るまでに何ヶ月かかるのか、年単位になるのか分からない。そんな状態。
  2. タコツボ型心筋症と肺水腫を併発していた為、開頭手術ができなかったが、どちらも少しずつ良くなってきている。
  3. 自発呼吸が安定して来ているので、口のチューブを外してみようと思っている。
  4. 14日目まで安心できない状況なのは変わらない。

今にも目が開くんじゃないか!?ワクワク!てな気持ちになった直後だったので、1はショックだったわ。タイミングよ。それでも少しずつ良くなってるって言葉が聞けて嬉しかった。

 

みんな安心して早々に退室。ホテルで休もうかと思ったけど、みんなと一緒に実家に戻って、近所のカフェで美味しいアイスを食べる事にした(^^)父と弟は夜また来るから、その時に一緒に戻ってくればいいし。車で片道40分くらい。テンションが上がった父はずーっとずーーーーーっと喋ってた。最近母と行って来た旅行の事、今月末母と行く予定だった旅行の事、お店の事、弟の友達の事、マシンガンのように話してた。ママとまだ行きたいところいっぱいあるからね、もっと生きてもらわないとダメなんだよ。って。正直私は眠くてたまらなかったが、ちゃんとキャッチボールした(笑)

それは突然に

実家についてお猫様に挨拶して、祖母と叔母とアイスを食べに向かった。

 

定休日やないかーい( ゚д゚)

 

仕方なく別のお店でアイスを食べようとした瞬間、父から電話。

 

「病院から電話があって、容態が急変したみたい。先生が話をしたいから来てくださいって。来れる人はみんな来てくださいって。お父さん駐車場で待ってるから、弟を途中で拾ってすぐ行こう。」

 

めちゃめちゃ安心して約40分かけて地元に着いた瞬間これ。叔母と祖母に説明したけど「…え?何で?」だった。

 

父は何も言わなかったけど、車のスピードで父の焦りが伝わった。病院までまた40分(30分で着いたけど)全員無言。言わなくても分かる。みんな頭の中で、最悪の事態を覚悟してる。私は平常心を保つためにアイスの残りを食べる。(妊婦なのでトイレが不安)

 

4日目〜14日目にいろんな合併症が起きるって知ってるからこそ、嫌な予感しかしない。こんなことなら私だけでもホテルに残れば良かった。すぐかけつけられたのに。移動もしんどい。

スポンサーリンク