☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

3人目生まれました(^^)

前回の続き

※出産レポの為、苦手な方はご遠慮ください。

陣痛遠のく

ほっとしたら間隔が開き始めた陣痛。5〜6分間隔から3分間隔を目指していたのに、8〜20分間隔になってしまった。

 

0時  産院に来て5時間。興奮して眠れないけど、長期戦になったら辛いので体力つけて寝とかないと。と夫に大量に買ってきてもらった食料をバクバク食べた後、たまーに陣痛で目覚めるけど、うとうと寝たり起きたり。汗がやばい。

 

02:00  4分間隔になったり10分以上空いたり謎。でもさすがに座って呼吸法をしないと痛みを逃せないくらいは痛い。(私はあぐらでフーフー言ってるのに、夫は隣でスヤスヤ寝ている。いいなぁ。)

 

※もう陣痛間隔が10分以上になったのでここで一旦分娩所要時間はリセットされました。いつも病院に来てから一回寝るので、私はこの休憩が無いと始まらないみたい。

そして朝

04:20  突然陣痛が2〜4分間隔に。もう2時間ひとりでフーフー言ってるよ。痛みの強さがもう1段階上がったのが分かったのでナースコール。赤ちゃんやっとやる気出してくれたか。ずっと寝てたもんね君。

 

前回同様フリースタイル分娩希望で、出産予定の和室へ移動。(分娩台の仰向け無理なんだよね。和室楽。)子宮口7〜8センチで、陣痛が来てる間はほぼ全開大。

 

05:00  だいぶキツイけどあぐらでフーと息を吐いて耐える。座ってる姿勢が楽で楽で呼吸だけでここまで来た。呻きも叫びも取り乱しもせず、ひたすらあぐらで目を見開いてフーーーーーーー。…イメージはヨガの神様みたいな感じ(笑)1人目と2人目の時もこの姿勢が楽なことに気付いていたらもっと楽だっただろうに。横向きで寝ながらの陣痛は本当にキツかったなー。(遠い目)

 

そしてなかなか破水しないので手で破水してもらった。

 

ほぼ最高レベルに痛いけど、いきみたい間隔はMAXまで来てない。どうしようかな〜いきんでみようかな〜と思っていたら助産師さんが「いきでみるー?もういきんじゃっても大丈夫よ〜(^^)」とのんびり言ってくれた。

 

06:43  誕生!オンギャー…とは言わず、申し訳程度にフェッだけ言ってすぐ寝た(笑)まだ寝るんかい!

 

5:30くらいに破水してもらって、その後少し待ってからいきみ始めたから、10回もいきまず生まれてきてくれました。

内緒にしてもらっていた性別

多分助産師さん達は性別知ってたと思うけど、今回は生まれるまで楽しみにとっておきたいとお願いしていた私たち。分娩用の部屋にうつってから、「どっちか分からへんから、赤ちゃんのセット女の子用と男の子用、どっちも用意しとくな〜(^^)」って、あざーす!!

 

結果、女の子でした(^^)性別聞かないってのもいいもんです。ドキドキワクワク楽しかった(^^)

 

男の子の名前何も思いつかなくて、女の子しか名前の候補無かったから、本能で分かってたのかな。

何もかもが大きかった

39週3日で3826g、54センチでした。助産師さん達「大きかったね〜(^^)」夫「デカっ!1番デカイわ!」と笑っていた。そして胎盤て普通は5〜600gらしいんだけど、私のは950g(笑)ほぼ倍。何もかもが大きかった。でも私のカラダはほぼ無傷。強い。

我ながら完璧なお産だった

いきむ時は声出たけど、最後まで冷静だった。(あ、頭きた。あーこりゃ出ないわ。2〜3回に分けてゆっくり出したら裂けないかな?心音も弱ってないしまだ大丈夫そう。)といきみながら勝手に考え、(うーんなんか大きいな。やっぱり回数分けても無理そうだからさっさと出しちゃおう)と変更し、裂けてもしゃーないわと無理矢理出した。夫はスンスン言ってた(笑)私が「イタいー」って言ったから可哀想で泣いてしまったらしい(笑)

 

今回はヨガの神様になりきってたから、最後まで静かに行くつもりだったんだけど、ちょっと大きかったもので最後の最後で「イタいー」と一回だけ言ってしまった(*´ー`*)

 

37週から生まれる瞬間まで、3人目が1番怖かったけど、終わってしまえばただただ赤ちゃんが可愛いです(^^)

 

続く

スポンサーリンク