☆専業主婦になりました☆.com

☆やさぐれ専業主婦の家づくりと育児ブログ☆

専業主婦が語るマイホーム・育児のリアル。

MENU

フリースタイル分娩 最高に楽な体勢

前回の続き

2度目のフリースタイル分娩

1度目の記事はこちら↓

今回陣痛の痛みに耐える最高に楽な体勢を発見したやさぐれ(^^)個人差はあると思いますが、自分でも驚くくらい静かにお産できました。

陣痛中の最高に楽な体勢

それは、四つん這いでも横向き寝でもなく"あぐらをかいて座る"です!!陣痛中はあぐら!!間違いない!!

四つん這い

巨大なビーズクッションに上半身だけ乗りながらの四つん這いは、お腹が苦しいのとなんだか安定しないのとで私には合いませんでした。

横向き寝

1人目と2人目はこの姿勢で乗り切ったのですが、腰とかお尻に痛みが響いてきてあぐらで座るよりも痛かった。そして一度この体勢になってしまうと動けなくなってしまうのがしんどかった。(寝返りも起き上がるのも時間がかかるし痛い)途中でうとうとできるところは良い。

あぐら座り

まだ陣痛が弱い時に、ネットで見つけたこの体勢。座って陣痛に耐えるという考えは無かったので試してみたところ…

なんだこれは!!

なんて楽なんだ!!あぐらで座り、背中に巨大なビーズクッション、陣痛中はビーズクッションに手をついて背筋を伸ばして呼吸法をするとめちゃめちゃ楽でした。そしてあぐらはお産を進めてくれるポーズでもあるらしい。合う合わないがあると思いますがお試しあれ。

呼吸法も大事

声を出さずに最後まで耐えられたのは、呼吸法が上手にできたからだと思います(^^)陣痛が怖すぎて、なるべく痛みがやわらぐ方法をめちゃめちゃ調べたもんね!

  • 鼻からゆっくり息を吸って(スー)、口からゆーっくり息を吐き切る(フーーーー)。もう出ないってところから更に吐くつもりで。
  • 痛みは続いても1分!1分の勝負!と目を見開いて(はたから見たらめっちゃ怖いけど)一点を見つめる。秒針があると最高。
  • カラダに力が入ると痛いので、とにかくカラダの力を抜く事を意識する。(じゃないと産後もあちこち痛くてツライ)
  • 赤ちゃんを出すために子宮が収縮してるのかー、子宮が収縮するとこんな痛みなのかー、人間のカラダって凄いなー等考え、痛みから意識をそらす。
  • 我を忘れそうになったら、赤ちゃんも頑張ってるよね!ママも頑張るからねー!など心の中で話しかける。
  • 人生で最後。陣痛の痛みを感じるなんて貴重な体験今回で最後。最後だから心に刻もう。など考える。(3人目だったので)
  • 子宮口が開いていくイメージをする。(よく分からないけどなんとなく。笑)

絶対に終わりは来ると言われても、終わりの時間が分からないので終わりの無いようなとてつもなく長い時間に感じます。なので終わりではなく、とにかく1分間気を紛らわし乗り切る事に集中したところ、冷静に全開大まで辿り着けました。

 

出産の痛みを知っているので、臨月くらいから出産が怖くて、陣痛中も怖くて、いろいろと不安でいっぱいでした。でも産んだ後の爽快感と幸福感たら無いです。また経験したくなります。そして赤ちゃんがとーっても可愛くて産後翌日にはもう1人産めそうな気がしてくるから不思議なものです。(出産直後は"二度と御免だ!"と思うんですけどね〜。)

 

もし次があったらまた和室であぐらで産みます(^^)

スポンサーリンク